文字サイズ
標準
大きく

楽しい取材

   取材なしではありえない仕事をし続けて34年(改めてちゃんと数えてみてびっくり)。いちばん楽しいと思えるのは、ひとにお話をうかがう取材。

   専門家にお目にかかることが多いのですが、本筋の質問とは少し違うことを質問することもあります。

   その人がそう感じて、そういう言葉で語るのはどうしてだろう? とか、そんなふうに仕事を進めているのはどうしてだろう? なんて思うから。勝手な解釈や思い込みで書きたくないし、せっかくお時間作ってくださって、直接お話をうかがえるのですから。

   フリーになったばかりのころは、質問の項目を一生懸命に考えて取材時間内にその答えをいただくことだけでアタマが一杯でした。で、原稿をまとめる段階になってとても反省をしたことがありまして。

楽しい取材
楽しい取材

   今はずいぶん、かわりました。雑談みたいになってしまうこともなくはないのですが、その方の歴史や私人の状態の一端に触れられた気がして感動することも。

   某外資系化粧品メーカーの本社の女性社長のインタビューをしていたときは、化粧品の進化と方向性についてうかがううち、社長が
「私は今○○歳だけど、歳をとるのが怖くないもの!」と。
なんと私も同じ歳で、
「この時代に生まれてよかったわねー!」
「進化していく化粧品を使いながら歳を重ねていけるものねー」
と、両手で握手してぶんぶん揺らしあったことがあります。

   心底、本気で「これからもいい製品を、期待していますから」と申し上げ、
「もちろんよ」とウインクしてくれたチャーミングなお顔は忘れません。

   さまざまな方にお会いして、その方ならではの魅力を知ることができるのが取材の醍醐味でしょうか。記事化するためにうかがった、たくさんの貴重なお話は「お預かりしている」感覚です。

   なのでお出しできないもの、記事化できないものもあるのですが、私がお預かりしているだけではもったいないお話は差し支えない形で上手に、外に出していけたらなーーとも思っているのでした。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット