文字サイズ
標準
大きく

「付き合うまでの時間」に勝機あり? 野獣が美女を落とす方法

   世の中には誰もが羨む美男美女のカップルもいれば、「なぜこんな美女が、この男性を選んだのか?」と首をかしげたくなるようなカップルもいる。ある研究から、その理由がわかってきた。

美男美女ほどくっつきやすい

容姿に自信がない人には朗報かもしれない
容姿に自信がない人には朗報かもしれない

   米テキサス大学オースティン校のルーシー・ハント氏らの研究によると、出会ってから初デートをするまでの期間が短いほど、容姿の魅力の度合い(身体的魅力度)に差がない傾向があることがわかった。美男美女ほど「ひと目ぼれ」しやすく、出会ってすぐに付き合い始めるケースが多いという。逆に、容姿に差があるカップルは、付き合うまでの期間が長い傾向が見られた。研究論文は2015年7月14日、「Psychological Science」誌に発表された。

   ハント氏らの調査に参加した167組のカップル(67組は未婚、100組は既婚)は、付き合っている期間が最短3か月で、平均8年8か月だった。研究チームは参加したカップルに、時間の経過とともに相手との関係がどのように変化していったかを話し合ってもらい、その様子を録画した。その後、参加者全員の身体的魅力度について評価を行い、データを分析した。その結果、出会ってから一か月以内にデートをしたカップルには身体的魅力度に強い相関がみられた。一方、デートをするまでに時間がかかったカップルは互いの魅力度に差があり、友人関係にあった場合も同様の結果が得られた。

   ハント氏らが注目したのは、心理学でいう「同類交配」の理論だ。人は、身体的な特徴や行動、考え方が自分と類似した人に魅力を感じるという。では「そこそこ」の男性は「そこそこ」の女性に、「いまいち」な男性は、「いまいち」な女性にひと目ぼれするのかというと、そういうわけではないらしい。

   1966年に米国で行われた「コンピューター・デート実験」という、社会心理学の分野で有名な実験がある。研究者らは大学生を対象に、「コンピューターが相性のよいパートナーを選びます」という触れ込みでダンスパーティーの参加者を募集した。実際はランダムにカップリングし、パーティー終了後に相手に対する好意度を調査した。その結果、男女とも自分の身体的魅力度には関係なく、身体的魅力度の高い相手に対する好意度が高かったという。つまり、初対面の場合、大多数の人は美女またはイケメンを選ぶのだ。当然ながら、お互いに見た目の好意度が高い人同士はパートナーになりやすい。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット