文字サイズ
標準
大きく

インバウンドさま

   お盆休み明けから、秋の新製品の発表会が続いております。そして、お盆休み前にうかがえなかったメーカーさんの"補講"も。

as_20150902112437.jpg

   ある発表会、というか説明会は10人ほどの少人数。この道20年以上のベテランジャーナリストばかり。説明してくださる研究者の方が

   「なんか、この回は緊張します」って。

   そりゃ怖いよねー、このメンバーは、と笑う私たち。でも、はっきり言うのも、突っ込むのも、愛ゆえ。

   皮膚科学も新しい成分のこともたいして知らないし、情報もなかったころ。そして、皮膚科医は"病気"しか診察せず、美容的な視点がなかったころ。私たちはさまざまなメーカーの研究者の方々に、たくさんの事を教えていただいたのです。

   "勉強会"とか"セミナー"も、今より多かったし、宣伝に寄り過ぎないまっとうなものでした。

   「○○社では違うことを言ってたけどどうして?」

などという質問にも丁寧に説明していただきました。そう、学ばせていただいた恩があるので、はっきり言ったり本音を伝えたりするのです。

   この発表会では、商品を全員で試しました。広報の方に

   「どうですか、変化。○○○になったでしょう!?」と聞かれましたが

   「即時的に○○○の効果が得られるのは、成分の効果じゃなくて△△△のせいでしょー。でも、使ってすぐの変化は嬉しいから、ケアを続けられると思うし続ければゆっくり効果が得られるよね」

などと反応。

   出席者の1人が

   「新成分を、今までのアイテムに配合してリニューアルすることもできたのに、新しいアイテムにしたのはどうして?」

と、尋ねると

   「うーーーーーん。皆さんにはぶっちゃけますが」と、教えてくれました。

   ざっくりお伝えすると、日本の化粧品を買ってくれる海外の方のリクエストだったそうです。

   それを聞いて、納得。商品設計も、価格も。

   今はインバウンドの方々重視の商品開発が多いですねー。思えば、90年代半ばから10数年は、日本女性の好みに合わせた化粧品を、多くの外資系化粧品メーカーが開発してくれたものです。そういうことを、今はインバウンドの方々に向けて行っているということ。

   発表会で知ることができましたよ。さてさてこの商品、日本女性には受けるかな? モノはとってもいいですよ。ナニゲに、いずれ、ご紹介するでしょう。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット