文字サイズ
標準
大きく

午後の仕事をサクサクこなす秘密は 日本式「パワーナップ」にあり!

   午後イチの会議やデスクワークの最中に、「いけない」と思いつつ気がつくと舟をこいでいた、という経験はないだろうか。傍目には怠けているように見える「居眠り」だが、効果的に昼寝をするには、もっとも有効な手段かもしれない。

昼寝で感情コントロール

堂々と昼寝をするのは抵抗がある人もいるかもしれないが
堂々と昼寝をするのは抵抗がある人もいるかもしれないが

   過去の研究から、昼寝にはリフレッシュや疲労回復効果だけでなく、学習能力や記憶力を向上したり、創造性を高めたりする効果があり、勉強や仕事のパフォーマンス向上に役立つことがわかっている。また、心臓疾患のリスクが低下する可能性も示唆され、昼寝は健康にもよいと考えられている。これらに加え、最近、昼寝の新たな効用が明らかになった。

   米ミシガン大学心理学部の研究チームは、18歳から50歳までの男女40人を対象に、昼寝が感情のコントロールに与える影響について調査した。参加者は3日間、一貫した睡眠スケジュールに従って睡眠をとり、実験に臨んだ。当日は室内でコンピューターを使った課題と、眠気や気分、衝動性に関する質問に回答。途中で60分間、仮眠をとるグループとビデオ視聴をするグループに分かれた。その後、それぞれ作業を再開し、完了するまで続けた。その結果、昼寝をしたグループは課題解決まで時間をかけて取り組むことができたのに対し、ビデオを視聴していたグループは最後まで忍耐力が続かない傾向が見られた。また、昼寝をした人はより衝動をコントロールすることができたという。

   研究者らはこの結果について、「長時間眠らずにいるとネガティブな感情をコントロールすることが困難になる。昼寝は長時間、難しい課題やストレスがたまる仕事に取り組む人にとって、有益な介入になりうることが分かった」とコメントしている。論文は2015年6月24日、「Personality and Individual Differences」オンライン版に掲載された。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット