文字サイズ
標準
大きく

「歩きながら食べる」と過食につながる チョコレートは約5倍も摂取

   「歩きながら食べる」と、その後の食事量が増加する可能性がある――英サリー大学の研究者が2015年8月20日、健康心理学術誌「Journal of Health Psychology」オンライン版で発表した。

食べ歩きには要注意?
食べ歩きには要注意?

   研究では、成人女性60人を3つのグループにわけ、それぞれシリアルバーを「5分間歩きながら食べる」「テレビを見ながら食べる」「会話をしながら食べる」という3通りの方式で食べてもらった。しばらくたってから、今度は全員に軽めのスナックを出し、その摂取量を調査した。スナックはチョコレートやポテトチップ、ニンジン、ブドウなど。

   その結果、歩きながら食べたグループは、他のグループに比べて高カロリーなスナックを選ぶ傾向にあり、チョコレートは約5倍食べていた。

   研究者は「歩きながら食べたグループは、歩くことで活動をしているので、多く食べても問題ないと考えた可能性がある」とコメントしている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット