文字サイズ
標準
大きく

この20年余で世界の健康寿命は5.4年延びる 日本人は男女ともに「世界一」が続く

   日本や米国、英国の大学、WHOによる国際共同プロジェクトは、2015年8月26日、1990年から2013年の間に世界の平均寿命は6.2年、健康寿命は5.4年延びており、2013年の健康寿命は、日本が男女共に世界で最も長いとする結果を英医学誌「Lancet」オンライン版で発表した。

さらに健康寿命を延ばすことができるか
さらに健康寿命を延ばすことができるか

   今回の報告は2013年の世界188か国での死亡や障害の原因、寿命、健康状況などを性別や年齢別に調査した国際研究「世界の疾病負担研究2013(Global Burden of Disease Study 2013, GBD2013)」からの分析結果。

   分析では世界の平均寿命は1990年には65.3歳だったが、2013年は71.5歳に。日常生活で介護を必要とせず、自立して過ごせる期間である健康寿命も56.9歳から62.3歳へ延びた。また、2013年に世界でも最も平均余命が長かったのは日本の73.4歳(男性71.1歳、女性75.56歳)で、1990年から2013年まで世界トップを続けている。一部の国では健康寿命が低下する現象も見られる一方、ニカラグアとカンボジアは20年間で健康寿命が約14年も延びていた。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット