文字サイズ
標準
大きく

突然起きる「こむら返り」 素早く解消してくれる漢方薬があった

   運動中や運動後はもちろん、寝ているときにも急に足がつってしまった経験がある人は多いのではないだろうか。

   「こむら返り」と言われるこの症状、起きてしまったら痛みに耐えながら必死でストレッチをするしか対処法はないように思えるが、実はある漢方薬を飲むことで素早く解消できる。

暑い時期に起きやすい

芍薬甘草湯は顆粒タイプのほか、手軽なドリンクタイプもある
芍薬甘草湯は顆粒タイプのほか、手軽なドリンクタイプもある

   「こむら返り」の「こむら」とはふくらはぎのことで、ふくらはぎに起きる筋肉の痙攣(けいれん)を指す名称だ。経験者なら症状は言われるまでもないかもしれないが、筋肉が硬く収縮して膨らみ、強い痛みが数秒~数分続く。

   こむら返りがなぜ起きるのか、そのメカニズムは確定されていない。2010年に米ノース・ダコタ州立大学の研究者らが米国整形外科学会スポーツ医学会誌「Sports Health: A Multidisciplinary Approach」で発表した研究報告によると、筋肉の神経の過剰な反応や、大量の発汗による電解質異常、脱水などが発症要因になると推測されている。

   アスリートや運動量の多い若い人に特有の症状にも思えるが、大阪医科大学が2010年に実施した調査では、中高齢者も老化によって筋肉そのものが硬くなるという結果が報告されている。これによって血流が低下することで筋痙攣が起きやすくなり、こむら返りも起きやすくなる可能性は十分にある。

   また、こむら返りが起きやすい時期もある。6~8月の夏場や残暑が残る9月ころだ。夏は暑さで発汗が多くなり、脱水状態になりやすいだけでなく、クーラーで足は冷え血行不良になりがちなため、9月は急激な気温の変化でこの時期多くなるのだ。

   ふくらはぎのこむら返りの一般的な対処法は、つま先を持ち、アキレス腱を伸ばすように強制的に引っ張ってこむら返りが起きた筋肉を伸ばすというもの。痛みは生じるが、早い回復が期待できる。予防にはストレッチや患部を温める温浴、それに指圧なども有効だ。

   医薬品を利用するなら湿布薬や鎮痛剤が思い浮かぶが、最近では、ある漢方薬が医療現場でよく用いられるようになってきている。『芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)』だ。漢方医学専門医で漢方薬や鍼灸治療に詳しい北里大学東洋医学総合研究所の伊藤剛医師は言う。

「足がつる原因である筋肉の痙攣そのものに効くのが芍薬甘草湯です。主な作用は筋弛緩作用で、手足や腰などの骨格筋だけでなく、腸など内臓の平滑筋にも効くため、腹痛などにも用いられます。中高齢者は老化に伴って筋肉が強ばり、筋内の血流が滞りがちになるため筋痙攣が起こり易くなりますが、こうしたこむら返りにも即効性があり効果的です」

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット