文字サイズ
標準
大きく

食物アレルギーや腸疾患の予防に 昆布やわかめが役立つ?

   昆布やわかめなどに含まれる「ラミナリン」を摂取すると、炎症性腸疾患の発症が抑えられ、食物アレルギーの予防や治療も期待できると、東京理科大学と東京大学の共同研究チームが発表した。

お腹が弱い人は海藻を食べるとよいかも
お腹が弱い人は海藻を食べるとよいかも

   炎症性腸疾患とは、免疫のバランスを制御し健康を維持している腸内細菌の乱れや偏りによって、腸内の粘膜に炎症が発生する疾患の総称。潰瘍性大腸炎やクローン病などが知られているが、食物アレルギーをはじめとしたアレルギー性疾患も腸内細菌の乱れと関連があるとされている。

   研究グループは、キノコや酵母の細胞壁に含まれる「βグルカン」という成分が、腸内にある「デグチン1」というたんぱく質の働きを抑えると、「Treg細胞」という細胞が増加し、炎症性腸疾患を抑制できることをマウス実験で確認した。さらに、海藻類に含まれるβグルカンである「ラミナリン」は通常のβグルカンよりも小さく、デクチン1の動きをより効果的に抑えることも確認したという。

   研究発表は微生物学の学術誌「Cell Host & Microbe」2015年8月12日号(Volume 18, Issue 2)に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット