文字サイズ
標準
大きく

留学について(「優雅な留学が最高の復讐である」を読んで)

   『優雅な留学が最高の復讐である』という本を献本いただいた。感謝。で、読んで考えたこと。本書はタイトルからして奇妙である。で、いきなり1章から「留学はするな」である。奇妙な本だ。

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   本書が述べるように、我々の言葉にはベタ、ネタ、メタがある。ベタなコンテンツと、表面上のコンテンツの背後に隠れたネタ、そして更に見えないところにあるメタなところである。

   ベタな話はたいていつまらない。留学はいい、だからしろ、という汗臭い話もたいていつまらない。

   「留学はいいぞ、まず多様な価値観が得られるから」、なんてよく言われるが、そういう「留学のススメシンポジウム」みたいなところに呼ばれるとほとんど全員が「同じ話」をしている。価値観むっちゃ画一的やん、とツッコミを入れたくなる。事程左様に日本の留学者には「留学者史観」というものがあり、主観的成功者のそれはほとんど「同じストーリーの焼き直し」である。NHKの「プロフェッショナル」のように、現在大活躍、しかし留学中はこんなつらいこともあった。転機となるブレイクスルー・エピソード、そして新たな挑戦、ちゃんちゃん。である。もちろんこういうコテコテでベタなストーリーが大好きな人もいるだろう。ぼくは嫌いだが。

パロディなのか、オマージュなのか

   本書はそのようなベタな話で押し通さず、ネタとしてのストーリーでメタに語ることを目指しているという。例えば、バブル時代の気合と根性で全てを乗り切るようなタイプの留学者を「留学マッチョ」とネタ化してみせたり、「留学ノスタルジー」を一刀両断にしたり、なかなかユニークである。グローバル化についても非常に分析的で、アンチグローバリズムに対する最大の良薬はグローバル化である、という多重な指摘も説得力がある。その一方で、スティーブ・ジョブズを引用してみたり、ありがちなビジネス本みたいな内容も散りばめられている。どこまでがベタでどこからがネタなのか一見すると分からない。ビジネス本として書いているのだろうか。それともビジネス本チックにわざと書いたパロディなのか、オマージュなのか、まさかパクリではないと思うけど。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット