文字サイズ
標準
大きく

心臓のための新たな健康習慣 「高たんぱく質食」が禁煙、運動に匹敵

   英イースト・アングリア大学の研究者らは、植物性、動物性たんぱく質を多くとっている人は、そうでない人に比べ心疾患のリスクとなる血圧や血管の硬さの数値が低いことがわかったと発表した。たんぱく質に含まれる7種類のアミノ酸が影響しており、その効果は減塩や禁煙、禁酒、運動習慣などに匹敵するという。

植物、動物2つのたんぱく質で心臓を健康に
植物、動物2つのたんぱく質で心臓を健康に

   研究者らは、英国在住の18~75歳の双子1万2000人が登録されている健康記録データベース「TwinsUK」から、標準的なBMI(体重を身長の2乗で割って算出する肥満度)の女性2000人のデータを分析し、食事内容と血圧、血管の厚みと硬さの関係を調査した。

   その結果、豆類やブロッコリー、ホウレンソウなど植物性たんぱく質を多く食べている人はそうでない人に比べ血圧が低く、肉や魚、乳製品などの動物性が多い人はそうでない人に比べ血管の硬さの数値が低かった。また、どのようなアミノ酸が影響しているのか調査したところ、植物性では「アルギニン」「システイン」「グルタミン酸」「グリシン」「ヒスチジン」「ロイシン」「チロシン」が関係しており、動物性ではグルタミン酸、ロイシン、チロシンだったという。

   研究発表は2015年7月22日、米国栄養学会誌「Journal of Nutrition」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット