文字サイズ
標準
大きく

余計な脂肪を燃焼させるには 高たんぱく質な朝食を食べるべき?

   たんぱく質を主体にした朝食を食べると、炭水化物を主体にした朝食を食べるよりも高いエネルギー消費量を維持し、脂肪もより燃焼することがわかったと、米アーカンソー州、アーカンソー大学の研究者らが発表した。

パンだけ朝食はNGか
パンだけ朝食はNGか

   研究者らは、9~11歳の子ども29人(標準体重16人、肥満13人)をランダムに2つのグループに分類。それぞれのグループに「たんぱく質主体朝食(たんぱく質18グラム、344キロカロリー)」か「炭水化物主体朝食(炭水化物51グラム、327キロカロリー)」を食べさせ、エネルギー消費量や食欲、血糖値を4時間にわたって測定した。

   その結果、たんぱく質主体朝食グループは4時間後も高いエネルギー消費量を維持しており、炭水化物主体朝食グループに比べ脂肪代謝量は16%高くなっていた。また、満腹感は32%高く、空腹感は14%低下していたという。

   研究発表は2015年8月12日、米栄養学会誌「Journal of Nutrition」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット