文字サイズ
標準
大きく

歌丸師匠を襲った腸閉塞 実は非常に珍しいケースだった

   腸閉塞のため1か月近く入院していた落語家の桂歌丸さん(78)が2015年7月11日、無事退院した。6月に背部褥瘡(背中の床ずれ)で手術を受け、退院したものの直後に再入院していたのだ。

   病気の原因は、意外ともいえるものだった。

極めてまれな「やせすぎ」原因の腸閉塞

腹痛が続くようなら要注意
腹痛が続くようなら要注意

   腸閉塞は文字通り「小腸や大腸が何らかの理由で完全にふさがってしまい、内容物が通過できない状態」になる疾患で、ふさがった部分は詰まって膨張し、治療せずに放置していると最終的には腸が破裂したり、血管が圧迫されて腸が壊死してしまう。原因はいくつかあるが、歌丸さんの場合は「やせすぎ」だと発表された。

「これまでに多くの腸閉塞の患者を診てきましたが、やせていることが原因だった人は1人しかいません。非常に珍しいケースの腸閉塞です」

   北里大学医学部外科教授で、消化器外科医として数多くの腸閉塞の手術を手掛けてきた渡邊昌彦医師はそう語る。

   歌丸さんは若いころからやせ気味で、自らを幽霊やがい骨にたとえて笑いをとることもあった。体重は公称40キロ前半程度としていたが、今年1月にインフルエンザで長期入院してから36キロまでダウン。やせすぎたせいで、高座の際に座布団から立ち上がれなくなり、「がんではないか」と心配する声もあった。最近は食欲もなく、あめ玉を口にするだけという日もあり、よりやせ衰えてしまっていたようだ。

   なぜやせすぎると腸がふさがってしまうのか。胃と小腸をつなぐ十二指腸は、上腸間膜動脈と大動脈というふたつの血管の狭いすき間を通っている。通常は血管と十二指腸の間にクッションのように脂肪があるが、やせすぎるとこの脂肪がなくなってしまい、腸が直接血管に挟まれて圧迫され、閉塞が起きるのだ。歌丸さんも入院中は鼻から脂肪を注入し、脂肪を増やす治療を受けていたという。

「鼻からの注入は経腸栄養と呼ばれる方法です。あまりにもやせすぎている状態だったので、口からではなく、栄養が効率よく吸収される腸へ送り込む方法をとったのでしょう」(渡邊医師)

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット