文字サイズ
標準
大きく

農場育ちはアレルギーに強い? 原因は農場のほこりに含まれる細菌だった

   酪農場やペットを飼っている家で発生しているほこりに含まれる細菌の一部が、炎症性の免疫反応を鈍くさせ、アレルギーを発症しにくくしていることがわかったと、ベルギーのゲント大学、仏エクス=マルセイユ大学、独ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンの共同研究チームが、米国科学振興協会誌「Science」2015年9月4日号(Vol. 349 no. 6252)で発表した。

「ほこりっぽい」のが体によかった?
「ほこりっぽい」のが体によかった?

   これまでの調査で農場出身者は、アレルギーが発症しにくいことが示唆されていたが、その原因や仕組みはわかっていなかった。研究チームは農場のほこりに含まれている成分をいくつか抽出し、2週間にわたって、1日おきにマウスをそれらの成分に晒される空間で飼育。その後、マウスにぜんそくを引き起こす原因となる「室内塵ダニ」を与えた。

   その結果、ほこりに含まれる細菌の細胞壁の一部である「エンドトキシン」という成分に晒されたマウスにはアレルギー症状が発症しなかった。

   さらに、人間を対象に、健康な成人とぜんそく患者から肺のサンプルを採取し、一定期間エンドトキシンを投与して観察したところ、「A20」と呼ばれる炎症を抑える作用を持つたんぱく質が十分にある場合は、アレルギー反応が抑えられていたという。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット