文字サイズ
標準
大きく

コーヒーで乳がん、大腸がんの死亡リスクが低下 カフェインやコーヒー酸が効果?

   コーヒーの健康効果は知られているが、このところ海外では、乳がんや大腸がんといった個別のがんの死亡、再発リスク低下にコーヒーが関係していることを確認する研究が次々と発表されている。

1日2杯以上で乳がんが小さく、4杯で大腸がん死亡リスクが低下

コーヒーを楽しめば健康効果も得られる
コーヒーを楽しめば健康効果も得られる

   コーヒーの健康効果を示唆する研究は、過去5年以内に発表された論文だけでも「肝硬変発症リスクの低下」「うつ、自殺リスクの低下」「2型糖尿病発症リスクの低下」「アルツハイマーの発症を遅らせる」など、多数存在する。

   個別の疾患への効果だけではない。2012年には米国立がん研究所が、米国在住の40万人を13年間にわたって追跡調査した結果、1日4~5杯飲んでいる人は全死亡リスク(あらゆる死因を含めたリスク)が男性で12%、女性で16%低下したと発表。さらに、2015年5月には日本の国立がんセンターが40~69歳の男女約9万人を対象にコーヒーと全死亡リスク、がん、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患による死亡リスクとの関連をそれぞれ分析し、がん以外は3~4杯でリスク低下が最も大きくなっていると発表した。

   さすがのコーヒーも、がんにまで健康効果は及ばないかと思われた。しかし、今年に入って、すでにがんを発症している患者がコーヒーを飲むことで死亡リスクや再発リスクが低下したことを確認した研究が次々と発表されているのだ。

   まず、スウェーデンのルンド大学の研究チームが2015年4月に、米国癌学会誌「Clinical Cancer Research」オンライン版で1090人の乳がん患者のデータを分析し、コーヒーの摂取量と乳がんの関係を調査した結果を発表している。これによると、コーヒーを1日2杯以上飲む乳がん患者女性は、0~1杯の女性に比べ乳がんの大きさが小さく、再発リスクも49%低下したという。

   さらに、8月には米カリフォルニア大学の研究チームが、ステージ3(中程度まで進行した状態)で手術と化学療法を受けた大腸がん患者953人を対象に追跡調査を実施。コーヒーや紅茶の摂取量とその後の経過を分析したところ、1日4杯以上のコーヒーを飲んでいた患者は、まったく飲んでいない患者と比べて死亡リスクが52%、再発リスクが34%低下していたと、米国臨床腫瘍学会誌「Journal of Clinical Oncology」オンライン版で発表している。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット