文字サイズ
標準
大きく

川島なお美さんや岩田聡・任天堂前社長を死に追いやった「胆管がん」 見つけにくく、治療しにくい「難しいがん」だった

   女優の川島なお美さん(54)が2015年9月24日に「胆管がん」で亡くなった。7月13日には、任天堂前社長の岩田聡さん(55)も同じ病気で亡くなっている。二人を襲った胆管がんとは、どのような病気なのか。

手術で無事切除でも安心できない

腹部超音波検査で胆石やポリープが見つかったら要注意
腹部超音波検査で胆石やポリープが見つかったら要注意

   岩田氏は2002年に任天堂の社長に就任して以来、ニンテンドーDS、Wiiを世に送り出し、同社を大きく成長させた人物として知られる。社長でありながら自ら自社の製品を解説する動画「ニンテンドーダイレクト」などを通して、積極的にユーザーの前にも登場し、「岩っち」の愛称で親しまれていた。

   2014年6月に株主向けのニュースで「先日、健康診断で異常を指摘され、精密検査の結果、胆管に腫瘍が発見されました」と発表した。「胆管」とは肝臓からすい臓を通り、十二指腸へとのびている胆汁の通り道。腫瘍が悪性だった場合は胆管がんとも言われるが、国立がん研究センターのがん情報によると、胆管がんは初期には自覚症状もないため早期発見が難しい。原因も詳しくわかっていないため、がんの増殖を抑える抗がん剤の種類も少ない難治性のがんだ。今のところ手術による切除が治療の期待できる唯一の方法とされている。

   当時の任天堂の発表で岩田氏は「幸い私の場合は自覚症状のない段階で発見することができました。治療のためには、早期に手術で切除することが望ましいとの診断をいただきましたので、先週手術を受け、手術は予定通りに無事終了いたしました」と治療は無事に終了したことをアピール。2015年に入ると前述のニンテンドーダイレクトに復帰し、6月26日に開催された株主総会でも続投が承認され、全快ムードもあったが、7月に入って突然体調を崩したと発表され、そのまま亡くなった。

   手術は無事に終わり、その後も回復しつつあるように見えたものの、容体が急変したのはなぜなのか。北里大学医学部外科教授で消化器がんを専門とする渡邊昌彦医師は、「手術した時点で実はかなり進行していたか、急激な後遺障害が起きたのではないか」と推測する。

「胆管がんの手術は腹部の手術の中でも、最も難しい部類に入ります。仮に手術が無事に終わっても治療が成功する保証はありませんし、後遺障害も起こりやすいがんなのです」

   日本のがん死亡者に占める胆のう・胆管がん死亡者の割合は、男性の場合6%、女性は4%。川島さんは14年1月に肝内胆管がんの手術を受け、その後、芸能活動を再開していたが、15年9月17日、体調不良で舞台を降板。復帰を目指して治療に専念していたが、かなわなかった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット