文字サイズ
標準
大きく

がん治療の奇策・兵糧攻め「動脈塞栓術」とは 世界が注目する日本の血管内治療

がんに対する動脈塞栓術治療を行うゲートタワーIGTクリニック堀信一院長(中央)
がんに対する動脈塞栓術治療を行うゲートタワーIGTクリニック堀信一院長(中央)

   「これ以上できる治療はありません」

   そう宣告されたら、あなたならどうするだろうか? 現在、日本における生涯がん罹患率は、国立がん研究センターがん対策情報センターのデータによると、男性62%、女性46%。実に2人に1人が患う国民病だ。その3大治療法は、外科的治療(手術)、放射線治療、化学療法(抗がん剤)で、現在、科学的根拠に基づく最良の治療として進められる標準治療と呼ばれている。

「がん難民」が望みをかける治療法

   しかし、その副作用によって苦しむケースが多いことも知られ、また、標準治療での治療効果が得られず、これ以上の治療はできないと宣告されて行き場を失った"がん難民"が社会問題化し、その対策も急務となっている。

   今、"がん難民"が望みをかける治療として世界中から注目されているのは、血管内治療「動脈塞栓術」。どのような治療法なのか、その第一人者であるゲートタワーIGTクリニック(大阪府泉佐野市)院長の堀信一医師に話を聞いた。

「動脈塞栓術はもともと肝細胞がんや動静脈奇形、子宮筋腫といった血流を止めることで改善が見られる疾患に用いられる方法で保険適用になっています。その中でもがんには抗がん剤との組み合わせで、より効果的な治療にできるのではないかと考え、1990年頃から研究を開始し、20年以上、治療法の開発に携わってきました。日本で生まれた技術、治療法で、日本は症例数も多く最も進んでいます」
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット