文字サイズ
標準
大きく

ピーナツアレルギー予防のためピーナツを摂取すべき 世界の小児科、アレルギー学会が合意声明発表

   米国小児科学会や米国アレルギー喘息免疫学会を中心に、欧州や豪州、日本のアレルギー、小児科の学会が、ピーナツアレルギーの発症リスクが高い子どもには、1歳になる前にピーナツを含む食物を与えるべきであるとする合意声明を発表した。

ピーナツアレルギー予防法が大きく変わった
ピーナツアレルギー予防法が大きく変わった

   これまで、アレルギーの原因となる可能性のある食品や物質は、乳幼児のころは避けるべきとされてきた。しかし、英ロンドン大学の研究者らが、ピーナツアレルギーの発症リスクが高い生後4~11カ月の乳児640人を、週3回以上ピーナツ6グラム以上を含む食品をとるグループと、5歳までピーナツ製品を避けるグループに分類。

   その後のピーナツアレルギー発症率を比較したところ、ピーナツを食べていたグループのピーナツアレルギーの発症率は約3%だったが、食べていないグループでは17%を上回っていたとする研究結果を、2015年2月26日に総合医学雑誌「New England Journal of Medicine」で発表していた。今回の合同声明はこの研究結果を受けたもの。

   声明は2015年8月31日、米国小児科学会誌「Pediatrics」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット