文字サイズ
標準
大きく

学習院「身近なアンチエイジング」秋の講座開講

   今日のテーマは「サプリメントの正しい使い方」。

as_20150929101325.jpg

   だが初回なので、アンチエイジングについての僕の本音をまずお話しした。

①サプリメントはあくまでサプリメント。つまり補助手段であり、まず心掛けるべきはバランスの取れた食事であること。

②そうはいっても最近の食材は見た目はよくても栄養素は1/10というのもあるようだから、ちゃんと食事をとっているつもりで栄養素不足と言う事はありうるので、要注意!

③更に健康について思い煩う前に、我々のカラダは奇跡としか言えないほど精巧に作られている。その一つが復元力。その中に治癒能力が含まれる。つまり健康を維持出来るのも、病気が回復するのも、まず自分自身のカラダが復元力を発揮してくれるからである。

④だから我々が抗加齢医学と言って張り切っても、まず自身に与えられた「治癒能力」を信じ、感謝し、それを最大限に引き出すことであり、間違ってもそれを阻害するようなことは避けなければならない。

   講義が終わっても、去りがたそうに話しあっている方々がおられたので、お茶にお誘いして、とくと本音でアンチエイジングについて語り合った。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット