文字サイズ
標準
大きく

復元力を強化しよう

   老化を自然現象として受け入れたとき、アンチエイジングの役目は何でしょう? 一言でいえば"メインテナンス"になるのではないでしょうか。車でいえば「定期整備」ですね。ただ、人間の体は上手くできていて、車と違いストレスや劣化に対してある程度までは修復能力が内在していることです。そのために若いうちは、意識せずとも体が自分で修復もし、バランスも取ってくれます。

「視床下部」の働きとその若返りをターゲットに格闘し始めています
「視床下部」の働きとその若返りをターゲットに格闘し始めています

   たとえば車をこすってフェンダーを凹ませた場合、ひとりでに凹みが直り、塗装がカバーされることはありません。だが人間の場合は、本人の知らないうちに、ある程度の破損はキレイに治っていきます。この生体に備わった自然に治る力を総称して"個体維持"と呼び、これには次の4つの主だった働きがあるが、どれも残念ながら老化によって衰えてきます。

   (1)まず、外傷に対する修復作用。これは広い意味での創傷治癒であり、皮膚に限らずすべての臓器で行われます。しかしこれが機能するのはある程度の障害までで、完全に臓器が失われれば下等動物と違い再生することはなく、臓器移植が必要となります。

   (2)外敵、主として細菌(ウイルス)に対する防御反応。この主体が免疫機構です。

   (3)自浄能力。平たくいえば解毒作用。排泄、発汗などがその主役です。

   (4)復元力。実際に関わっているのは神経系と内分泌系ですが、実は今僕が一番こだわっているのはこの働きです。

   すべての外的情報は脳に集まります。それが「視床下部」に集約され、主として自律神経系と副腎皮質を中心とした内分泌系を通じて全身にメッセージが送られ、体のバランスが保たれます。

   ちょうどヨットが強風にあおられてもバランスを崩さないようなもので、これを僕は復元力と呼ぶことにしています。

   別の見方をして空港を例に取れば、「視床下部」は管制センターのような役目をしていると僕は考えていますが、現在この視点からの研究は皆無に近いのです。

   というわけで僕は今、個体維持の働きの4つ目である"復元力"に焦点を絞って、「視床下部」の働きとその若返りをターゲットに格闘し始めていますが、神経系にも内分泌系にもド素人の一介の形成外科医にとってはなかなか手ごわい相手であります。[執筆/塩谷信幸 北里大学名誉教授、アンチエイジング医師団代表]

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット