文字サイズ
標準
大きく

2015年ノーベル医学・生理学賞 大村智北里大学特別栄誉教授が受賞

   ノーベル賞の生理学医学部門の選考委員会があるスウェーデン、カロリンスカ研究所は、2015年10月5日、今年のノーベル医学・生理学賞を大村智・北里大学特別栄誉教授(80)ら3人に授与すると発表した。

日本人3人目となる医学・生理学賞(ノーベル財団公式サイトより)
日本人3人目となる医学・生理学賞(ノーベル財団公式サイトより)

   受賞理由は寄生虫やマラリアに関する研究。特に、土壌中の微生物が産生する「エバーメクチン」を発見し、失明の恐れもある河川盲目症やリンパ管フィラリア症(象皮症)に効果がある薬剤、「イベルメクチン」の開発につなげたことが高く評価された。

   同様の功績で米ドリュー大学のウィリアム・C・キャンベル博士も共同受賞する。

   日本人の医学・生理学賞の受賞は、1987年の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授、2012年の山中伸弥・京都大教授に続き3人目。日本人のノーベル賞受賞は14年に青色発光ダイオード(LED)の発明で物理学賞を受賞した赤崎勇さん、天野浩さん、中村修二さんに続き2年連続、23人目となる。

   授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット