文字サイズ
標準
大きく

不眠、イライラ、頻尿...その症状、男性更年期障害(LOH症候群)かも?

   「男性更年期障害」という言葉が定着し、女性と同じように、男性にも更年期が訪れることが知られてきました。体調の不良を感じる中高年男性は、男性更年期障害のセルフチェックをしてみましょう。早期発見、早期治療が生活を改善します。

オトコの「更年期障害」には終わりがない?

   男性更年期障害は、加齢男性性腺機能低下症候群=LOH(Late-Onset Hypogonadism)症候群と呼ばれる病気です。LOH症候群は、EDなど性的機能の低下だけでなく、不安やイライラ、うつ、不眠、メタボリックシンドローム、頻尿などさまざまな症状をもたらします。主な原因は「テストステロン」という男性ホルモンの低下によるものです。男性ホルモンが高いほど寿命が長い傾向にあることや、テストステロンが減ると糖尿病などの生活習慣病が起こり、その結果、脳梗塞や心筋梗塞などの臓器障害が出て、最後は認知症を発症し、寝たきりになるという報告もあります。

こんな症状ありませんか?
こんな症状ありませんか?

   女性の更年期障害は、閉経を迎え、女性ホルモンの分泌が急激に低下してホルモンバランスが崩れることで起こります。更年期は閉経前後の5年間と定義され、ほぼすべての女性に訪れますが、たいていの人はこの期間に治ります。しかし、男性の場合にはこのような定義はありません。誰にでも症状が出るわけでもなく、時間が経てば自然に治るケースも少ない。女性のように閉経というきっかけがないため、理由もわからず不快な症状だけが重なり、病状が進行してしまうのです。

この記事の監修・執筆医師

堀江 重郎
堀江 重郎(ほりえ しげお)

順天堂大学大学院 泌尿器外科学教授・日本Men's Health医学会理事長・アジア太平洋前立腺学会理事長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット