文字サイズ
標準
大きく

「日本形成外科学会基礎学術集会」始まる

第24回日本形成外科基礎学術集会公式サイトから
第24回日本形成外科基礎学術集会公式サイトから

   日本人が二人、ノーベル賞を受賞して秋の学会シーズンは開幕した。そのトップバッターは「日本形成外科基礎学術集会」。会長は岩手医大の小林誠一郎教授。

   かつて、今でもその気味はあるが、形成外科医はなにかにつけて同僚医師から馬鹿にされていた。

   「皮剥屋」「ニキビ取り」「上っ面の外科医」等々、あしざまに言われたものである。 外科学会の大御所たちに"お前ら、ちっとは学問をしてみぃ"といわれて、一念発起、この基礎研究の学会を立ち上げたのが24年前。

   今は参加者全員入る会場探しに苦労するほどの研究会に成長した。最近は基礎研究、ことに「再生医療」では「皮膚の培養」を先駆けて、形成外科が牽引車になってきた。

   もう「形成外科医だ」と馬鹿にしないで欲しい。そもそも腎臓移植でノーベル賞を受賞したハーバードのマレー教授は立派な形成外科医だったのをご存知ですか?

   いつかはこの基礎学術集会のメンバーから、ノーベル賞受賞者が現れることを切望する。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット