文字サイズ
標準
大きく

ゴールデンタイム、主体、話し合い、そして民主主義と未来

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   お世話になっている杉の子保育園の今村優二園長先生のエッセイです。とても感銘をうけたのでお願いして転載の許可を頂きました。この話、大学教育や医療者教育にもかなりつながっていると思っています。

(以下転載)

定まった授業やカリキュラムのない保育

   初めに務めた職場というのは、後の自分にとってずいぶん影響をしているのだなとつくづく思います。私の場合は、キリスト教をバックボーンとした100名ほどの保育園でした。ほとんどの子が15時半帰り、遅くとも17時過ぎにお迎え、というなんとものんびりした時代の半分幼稚園のようなところでした。30年前になります。

   園長は昭和すぐに生まれた女性で、主任は10年代生まれ、保母出身のお二人からは本当に多くを学びました。今思うと、その園はちょっと変わっていて、運動会や発表会などの行事前以外、子どもたちは基本的に午前中まるまる自由に遊んで過ごすのです。しかも室内にいることはほとんどなく、園庭や戸外でず~っと遊ぶのです。

   その時間を"ゴールデンタイム"と呼んでいました。子どもにとって最も育つであろう大切な午前中は、設定された保育をするのではなく、子ども自らが遊びを生き生きと展開していくことのほうが大切である、という考えを持っていました。

   午前中いっぱい自由に遊んで過ごすというのは、保育の中で最もカンタンなようで、実は最も難しいと今でも思っています。勿論ただの放ったらかしというのとは全く別のものです。あくまでも私の意見ですが、子どもを集めて一斉に保育をすることは、ある年数苦労をしながらも経験を積めば、ある程度できるようになります。そちらのほうが保育者にとってはやりやすく、またヤッタ感があったりします。もちろんその中で子どもが夢中となり、生き生きと主体的にというと、とてつもなく奥が深くなるのですが......。

   保育というのは、人間関係や探究心、ことば......など目に見えない育ちを基本的にねらっています。国語・算数・理科・社会のようないわゆる教科性のあるものを教える世界ではないので、毎年定まった授業やカリキュラムや教科書はなく、高校や大学のシラバスといったものではない面白さや醍醐味があります。いろんな方法があるがゆえに逆に悩むことも多く、偏りがないように意識しなければならなかったりします。いろんなカリキュラム、たくさんの時間割で過ごす幼稚園などもありますが、私自身はそちらに進みませんでした。子どもにとって、決められたことをして過ごすほうが実はラクな場合が多いように思います。

   私が初めに勤めた園のように「何をして遊んでもいいよ」と放牧された環境は、うれしくてたまらない子が多いのですが、中にはしばらく困り果てる子もいます。まあ誰しも日々そういう時があります。しかしやがて、遊びをつくりだしたり継続したり、選択したりする体験を積むと子どもたちはぐんと成長していくものです。

   その頃の私たち職員の一番の課題は"ゴールデンタイムをいかに豊かにするか"ということでした。午後の課業(設定活動)や行事の取り組みも悩みましたが、やっぱり一番はゴールデンタイムの中身でした。

   毎年度初めと運動会シーズン以外は園庭が穴ぼこだらけの園庭です。子どもたちが鉄スコップで掘った1.5~2メートル級の大きなクレーターがいくつもあるのです。私は金づちや鋸などの木工や土粘土が特に好きでした。来る日も来る日も子どもは泥んこで遊び、がんじょう玉(おだんご)を作ったり、伝承遊びをしたりする日々でした。かつての路地裏ガキ集団必要、障がいの子も含め子どもたちにとってより成長できるようにとたてわり保育などもしていました。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット