文字サイズ
標準
大きく

「しびれるキス」でアレルギー反応が減る?! イグノーベル医学賞は「愛情」に注目

   2015年のノーベル医学・生理学賞に北里大学特別栄誉教授の大村智さんが選ばれ、日本中が祝賀ムードに包まれた。その半月ほど前、もう一人の日本人が「著名な」医学賞を受賞した。「人々を笑わせ、考えさせてくれる研究」に対して贈られる「イグノーベル賞」だ。

豊かな感情でアレルギーをなくしたい

キスやセックスに思わぬ効果?
キスやセックスに思わぬ効果?

   ノーベル賞のパロディ版と言われる「イグノーベル賞」では、毎年、医学賞や平和賞、経済学賞、文学賞などの10分野について選考が行われる。2015年は「情熱的なキスが皮膚のアレルギー反応低減などの生物学的効果をもたらす」ことを実証した大阪府寝屋川市のクリニック院長、木俣肇さんが医学賞を受賞。同賞は、キスに関する別の研究を行ったスロバキアの研究チームにも授与され、ともに「激しいキス(その他の親密な人間相互間の行動)の、生物医学的な利益や結果を研究しようとした」ことが評価された。日本人の受賞は今回で9年連続となる。

   論文は2003年に発表されたもので、自身のブログによると、木俣さんは以前から人間が本来持っている自然治癒力に関心があり、アレルギー反応も人の豊かな感情で減弱できないかと考えていたという。2001年にはチャップリンの映画『モダン・タイムス』を観て笑うと皮膚でのアレルギー反応が減弱することを発表している。「笑い」以外の感情でもアレルギー反応が減弱できないかと考えた木俣さんは「愛情」に注目し、キスで実験を試みた。

   アトピー性皮膚炎の患者とアレルギー性鼻炎の患者に、それぞれパートナーと個室で30分間キスをしてもらい、その前後のアレルギー反応を調べた。その際、BGMとしてさまざまな映画の主題歌(ラブソング)を流した。また、対照として30分間キスなしで抱擁してもらい、同じようにアレルギー反応を調べてキスをした場合と比較した。その結果、キスをした後では、いずれの患者においてもダニやスギ花粉に対するアレルギー反応が減弱した。一方、抱擁だけでは変化は見られなかった。木俣さんは「症状が改善するところまでは検討していない」としているが、論文を読んだアレルギー性鼻炎の英国人カップルは、30分間キスをしたことで症状が改善したという。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット