文字サイズ
標準
大きく

食べ過ぎを防ぐ簡単な方法は 料理と食器のサイズを小さくする

   料理やそれを盛りつける食器のサイズが大きいほど、飲食物の摂取量が増加し、小さくすればエネルギー摂取量を抑えることができる――そんな研究結果が英ケンブリッジ大学の研究者らによって発表された。

ダイエットはまずお皿のサイズから?
ダイエットはまずお皿のサイズから?

   食べ過ぎはさまざまな疾患のリスクとなるが、これまで食べ過ぎと料理や食器のサイズの関係を調査した研究はなかった。研究者らは信頼度が高いとされる医学論文のデータベースから61件、6711人分の研究データを分析し、料理、食器、市販品のパッケージについてサイズとエネルギー摂取量の関係を調査した。

   その結果、大きいサイズの料理や食器を利用する人は、小さいサイズを利用する人よりも飲食物の摂取量が増加しており、大きいサイズから小さいサイズに変更した場合、英国成人で12~16%(約 279キロカロリー)、米国成人で22~29%(約527キロカロリー)摂取エネルギーを抑えることができるという。

   発表は英国の国民保健サービスで、オープンアクセスの論文検索サイト「Cochrane Library」に2015年9月14日掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Portion, package or tableware size for changing selection and consumption of food, alcohol and tobacco.
DOI:10.1002/14651858.CD011045.pub2

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット