文字サイズ
標準
大きく

子どもの好き嫌いを決めるのは 1歳のとき食べた野菜の種類かもしれない

   1歳のころにさまざまな種類の野菜を食べていた子どもは、3歳時点の食品の好き嫌いが少なくなる――豪クイーンズランド工科大学の研究者らによる発表だ。

1歳のころから野菜はしっかりと
1歳のころから野菜はしっかりと

   研究者らは、340組の母子を対象に、子どもが生後14か月の際に野菜や果物、既製品のベビーフードなど、研究者らがピックアップした食品55種類の中で何を食べていたかアンケートを実施。また、身長と体重も測定した。その後、子どもが3.7歳になった時点で、好き嫌いや食事パターン(食べる時間帯や量)、身長、体重を調査し、1歳のころの食事内容との関係を調査した。

   その結果、1歳のころでさまざまな野菜を食べていた子どもは、特定の食品をよく食べていた子どもよりも、3.7歳時点の食品の好き嫌いが少なくなっており、食事の質がよい状態となっていた。身長や体重への影響は確認されなかったという。

   研究発表は2015年7月18日、アメリカ栄養士会誌「Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット