文字サイズ
標準
大きく

「地中海食」で乳がん発症率が最大70%減! その効果を高めた食品とは

   スペインの王立カルロス3世研究所の研究チームは、「地中海食」に乳がん発症リスクを抑える効果があり、特にエクストラバージンオリーブオイルを加えるとその効果が高まると発表した。

やっぱりオリーブオイルはすごかった
やっぱりオリーブオイルはすごかった

   地中海食はイタリアやスペイン、ギリシャなどの地中海沿岸諸国で食べられている食事。野菜や果物、豆類、穀物類をメインに、適量のワインやオリーブオイルを積極的に摂り、さらに肉類を抑え、魚介類をたんぱく源とするメニューで知られる。

   研究チームは、心血管系疾患に対する地中海食の予防効果を調査した大規模研究「PREDIMED (PREvención con DIeta MEDiterránea)」から、60~80歳の女性4282人を選び、3グループに分類。それぞれカロリー制限はなしで、「地中海食にエクストラバージンオリーブオイルを1日50ミリリットル追加」「地中海食にナッツ類(1日くるみ15 グラム、アーモンド7.5 グラム、ヘーゼルナッツ7.5グラム)を追加」「地中海食以外の低脂肪な食事」を6年間食べてもらい、その後の乳がん発症数を追跡調査した。

   指示された食事をきちんと続けられるように、被験者全員が専門家のサポートを受け、3か月ごとに食事指導をおこなった。

   その結果、低脂肪食のグループに対し、地中海食とエクストラバージンオリーブオイルのグループは発症率が0.32倍、ナッツ類のグループは0.59倍に減少していた。

   発表は米国医師会誌「JAMA Internal Medicine」オンライン版に、2015年9月14日、掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット