文字サイズ
標準
大きく

うつ症状の発症リスクは仕事内容にあり? 日本人2万9082人の分析から判明

   国際医療研究センターと帝京大学、日立ヘルスケアセンターの共同研究チームは、日本人労働者を対象におこなった調査で、うつ症状の発症リスクに、仕事中の身体活動量が関係していると発表した。

座りっぱなしは改めよう
座りっぱなしは改めよう

   うつ症状は気分が落ち込む、意欲や関心が喪失してネガティブな思考に陥っている、といった精神的に低調にある状態のこと。

   研究チームは、うつ症状を含む精神疾患の発症歴のない、20~64歳の労働者2万9082人を5年間追跡調査。仕事中や日常生活の身体活動量、運動習慣の有無を自己申告してもらい、うつ症状のリスクを、13項目の抑うつ状態チェックシートによって調査した。

   その結果、座り仕事が多い人に比べ、立ち仕事が多い人はうつ症状発症リスクが14%低下。仕事中によく動く人と、そうでない人を比較した場合、よく動く人はリスクが10%低下していた。

   なお、運動習慣の有無は調整しており、調査結果には関係していないという。

   研究はオープンアクセスの医学論文誌「International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity」に、2015年9月18日掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット