文字サイズ
標準
大きく

風邪で寝込んで考えたこと

   皆さん、お見舞いや励ましのお言葉有り難うございました。お陰さまで順調に快復しております。また、数日はおとなしくするつもりです。

as_20151021121915.jpg

   でも、寝ながら病気についてこんなことを考えていました。「西洋医学では病気を臓器別に分解し、分子レベルまで堕落したが、病気は人間全体の不調である。いわば地震や火山活動のように、地殻の歪みやマグマの蓄積が「ある時点」で、最も弱い所で爆発する。

   例えば東海地震の場合、東海に原因があるのではなく、地殻全体に溜ったストレスが、最も弱い部分に発現する。それがこの場合は東海地方の地殻というわけ。これは火山も同じこと。

   地震の発生部位を幾ら補修しても、地震の対策にはならないし、火山の噴火口に詰めものする馬鹿は居ない。

   では人間の病気は?

   やはり全身の不調、強いて言えば免疫能と言った抵抗力がストレスによって低下している時、もっとも弱い部分に病気として発現する。勿論まずそのときは、発現した部分の対処は必要だが、そもそもの抵抗力をアップしなければまた別の部位に病気は発現する。その抵抗力をアップすることこそ、アンチエイジング医学の本質と思うのだが...。

   今度こそ心を入れ替えて、僕もアンチエイジングに励みます。バランスの取れた食事と適度の運動を旨として!

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット