文字サイズ
標準
大きく

醜形恐怖症? それとも...

   寝込んでいると昔の患者のことをあれこれ思いだす。A孃もその一人。

as_20151022102402.png

   30才位だったか、とりわけキレイというわけではないが、可愛らしい女性だった。以前何処かで隆鼻術を受けたが気に入らないので、入れ直して欲しいと言う。失敗と言うほどではないが、本人のいうことも分からないではないので再手術を引き受けた。

   今と違ってコンピューター・シミュレーションなど便利はツールはなかった。石膏でお面を取り、赤い鑞を鼻梁につけたし本人の希望を聞きながら型を造り、赤い鑞をモデルにシリコンを切り出して鼻に挿入する。

   手術そのものは至って簡単で、仕上がりも上々だと思った。だが本人は気に入らない。術前の石膏像に赤鑞を足したものを見せると、自分が希望した鼻になっていることは認める。だが、満足出来ない。

   聖路加病院の大竹部長は鼻の名手として知られているが、当時は僕の助教授だった。患者の承諾を得て、彼の手にゆだねた。彼は器用で、凝りやで、生まれついての美容外科医である。A嬢の鼻はその時点での本人の希望どうりに改善された。だが、彼女は満足できない。

   自分でも自分の気持ちが不合理なのは分かると言う。だが、どうにもならない。このような精神状態を精神科では「パラノイア」と呼ぶ。その後も大竹助教授の外来に通い詰めていたようだ。

   そして今僕は思う。

   A嬢がこだわっていたのは鼻の形ではなかったのではなかろうか、と。

   子どものときから刷り込まれた「美貌の格差」を乗り越えたかったのではなかろうか。

   心の底で彼女が欲していたのは「貴女は綺麗ね」と言う異性あるいは同性からの「言葉」だったのではないか。

   美容外科の難しさを改めて噛みしめている。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット