文字サイズ
標準
大きく

性交渉が原因で心臓発作が再発するのでは... ご心配なく、その可能性はほとんどナシ

   独ウルム大学の研究者らは、心臓発作を起こしたことがある人が、発作の再発を恐れて性交渉を避ける必要はないとする研究結果を発表した。

心臓発作で腹上死はフィクションだけか
心臓発作で腹上死はフィクションだけか

   研究者らは30~70歳の心疾患患者536人を10年間追跡調査し、性交渉と心疾患の発作リスクの関係を分析した。

   調査中に100件の心臓発作などの有害事例が発生したが、発作前1時間以内に性交渉があったのは全体の0.7%で、78%以上が1日以上前だった。データによると、被験者らの性交渉の運動量は、2階まであがるか早歩きと同程度。

   また、性交渉の頻度をアンケート調査したところ、約15%は性交渉なし、約5%は月1回未満、約25%は週1回未満、約55%は週1回以上となっていた。

   発表は米国心臓病学会誌「Journal of the American College of Cardiology」2015年9月24日号(Volume 66, Issue 13)に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット