文字サイズ
標準
大きく

新しい進化論

   今日はチョットお固い話。ダーウィンの進化論はよくご存知でしょうが、あれだけでは全てを説明出来ないという事は、僕のような素人でも気がつくこと。最近は学者の間で論議されています。

as_20151023104142.jpg

   進化論の柱は二つあります。

①突然変異
②適者生存

   両方とも必要な因子であることは言うまでもありませんが、それだけでは説明できない。 よく使われる「キリンの首」を例にとってみましょう。

   高い梢の葉を食むうちにチョット首が伸びた。というより「突然変異」で首が長くなった。 それが生存競争に有利なため、その子孫が増えた。

   ②は何となく納得出来ますが、①はどうでしょう?

   突然変異がランダムなものとしたら、そんな都合良く首の長くなる遺伝子が1品種に続けて発現してくれるでしょうか?

   また、もし「ある個体」が環境に適応して、チョット首が長くなったとしても、それは一代限りのことです。これが子孫に伝わって蓄積されには「獲得形質の遺伝」が必要になりますが、これはありえないとされてきました。

   70年ほど前、ソビエトのルイセンコと言う学者が、体制におもねって「獲得形質の遺伝」を唱えました。これは遺伝子が人の将来を決定し、それに介入出来ないと言うのはスターリンにとってありがたくなかったからです。これはすぐでっち上げと言う事が分かりました。何時の時代にも研究費目当てのイカサマはいるものですね。

   だが最近、エピジェネティックと言う概念や、RNAの働きに関して新たな治験が発表され、環境因子が遺伝子を修飾し、生殖細胞を通じて子に伝えうるのではないか、と言われ始めました。

   この「Arrival of the fittest」には、その最新情報が満載されています。

   この新たな分野「進化論的生物学」の進歩の目覚ましさにすっかり興奮し、せっかく下がりかけた熱がまたぶり返すのでは、と心配するほどです。

   題名が「Survival of the fittest(適者生存)」に掛けたものであることはお分かりでしょう。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット