文字サイズ
標準
大きく

貧乏ゆすりが気になる? でも死亡リスクを下げる場合もあるんです

   英ロンドン大学の研究者らは、死亡リスクのひとつとされる長時間座っている状態でも、貧乏ゆすりをよくしている人はリスクが高くなっておらず、場合によっては低下する例もあると発表した。

まさかの貧乏ゆすり健康効果
まさかの貧乏ゆすり健康効果

   研究者らは座っている状態でもできる身体活動のひとつ、貧乏ゆすりに注目。1999~2002年の間に、37~78歳の英国人女性1万2778人の座っている時間と貧乏ゆすりの有無、頻度、それらの死亡リスクとの関係を調査した。貧乏ゆすりの頻度は、回数で「低(ほとんどしない)」「中(たまにする)」「高(よくする)」に分類している。

   その結果、1日7時間以上座っている人は、5時間以下の人に比べ、死亡リスクが1.3倍となっていたが、貧乏ゆすりの頻度が中~高の人は、7時間以上座っていても死亡リスクは増えていなかった。また、座っている時間が5時間以上6時間未満の人が貧乏ゆすりをしている場合、死亡リスクは低下していた。

   発表は米予防医学会誌「American Journal of Preventive Medicine」オンライン版で、2015年9月23日に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Sitting Time, Fidgeting, and All-Cause Mortality in the UK Women's Cohort Study. DOI:10.1016/j.amepre.2015.06.025 PMID:26416340

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット