文字サイズ
標準
大きく

『大腸がんが心配な人が読む本』渡邊昌彦/著(小学館)

『大腸がんが心配な人が読む本』
『大腸がんが心配な人が読む本』

   近年、大腸がんになる人が増えている。

   食生活の欧米化や運動不足、ストレス過多など、現代人のライフスタイルが関係しているという。しかし、大腸がんは治りやすいがんのひとつなので、病気に対する正しい知識を身につけ早期発見につなげたい。

   本書は大腸のしくみや働きから大腸がんの検査、症状、治療法を詳しく解説。また便通異常を改善する食生活や体操なども紹介。「大腸がんが心配な人」だけでなく、40歳を超えたらぜひ読んでおきたい一冊だ。

目次
第1章●ほうっておけない気になる症状
第2章●早期発見が治療のカギ 大腸がんの受診と検査
第3章●便通異常が起こる大腸がん以外の病気
第4章●快便生活で大腸を元気に保つセルフケア
第5章●大腸がんだとわかったら

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事