文字サイズ
標準
大きく

電気をつけっぱなし、カーテンを閉めっぱなし メリハリのない生活で老化が促進する?

   明治大学農学部生命科学科動物生理学研究室の中村孝博専任講師らの研究グループは、常に明るい、常に暗いといった1日の中でメリハリのない光環境下が、体内時計の老化を加速させていることをマウスの実験で確認したと発表した。

昼は明るく、夜は暗く
昼は明るく、夜は暗く

   睡眠や覚醒のタイミングなど人の「概日リズム」は「体内時計」が生み出している。概日リズムは本来一定のリズムを保っているが、体内時計が老化すると、早起きになる、寝つきが悪くなるなどの変化を引き起こすことがわかっている。しかし、体内時計がなぜ老化するのかはわかっていなかった。

   中村氏らは、概日リズムの状態を示す神経活動を撮影できるカメラを用意し、老齢マウス(20~24か月)と若齢マウス(3~5か月)に、回し車の運動をおこなわせて、神経の状態を観察した。

   その結果、老齢マウスは概日リズム自体は正常だが、それに合わせて機能する神経の連携が低下していることがわかった。

   また、若齢マウスでも、常に暗い状態や明るい状態で飼育された個体は、老齢マウスと同じように神経の連携が低下していたという。

   発表は2015年9月28日に、また同研究の論文は2015年8月27日、北米神経科学会誌「eNeuro」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Age-Related Changes in the Circadian System Unmasked by Constant Conditions.
DOI:10.1523/ENEURO.0064-15.2015 PMID:26464996

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット