文字サイズ
標準
大きく

人は何故美容外科を?

『美容整形と化粧の社会学』
『美容整形と化粧の社会学』

   "女性はなぜ美容外科を決心するか?"

   その本音は美容外科医なら誰でも知りたいところである。

   そこでまた、2008年に出版された関西大学の谷本奈穂教授の著書「美容整形と化粧の社会学」を読み返してみると、2005年に大学生765名(男354名、女408名 不明3名)についてアンケート調査と聞き込みを実施している。

   その結果、女性の場合は美容外科を望む動機は次のような序列になることが分かった。
①自己満足
②誰かがしているから
③相手に好かれたいから
④コンプレックス
⑤自分らしくなりたい
であるという。

   面白いことは、③の他者は必ずしも異性ではなく、むしろ同性の目を意識していることである。

   それに反し男性の場合は、圧倒的に③、しかも異性に好かれたいと言うのを動機に挙げているという。

   さて皆さん、この結果をどうお考えになりますか。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事