文字サイズ
標準
大きく

産後の女性を悩ませる妊娠線 完全には消えないが諦めるのは早い

   妊娠すると、腹部や胸、太ももなどに現れる「妊娠線」。痕を残さないよう、妊娠初期から専用クリームなどでケアをする女性も多いが、まったく効果が見られなかったという声も...。

妊婦の5割以上に出現、「夫に見られるのが苦痛」

今のところ絶対の防止策というのはないようだ
今のところ絶対の防止策というのはないようだ

   妊娠線は、おなかや乳房などが急に大きくなるときに、腹部や胸、太もも、臀部などに現れる。筋肉や脂肪のつき方が早すぎると、表皮の下にある真皮や皮下組織がその変化についていけず、ひび割れたような線ができる。表皮は伸びるので裂けることはないが、内部のひび割れが薄い表皮に透けてミミズ腫れのように見える。最初はピンクや紫色をしているが、次第に赤みが消えて茶色っぽくなり、最後には白っぽい筋が残る。

   一般的には妊娠後期に入り、おなかが目立ってくるころに生じやすい。まったくできない人もいれば、スイカのような縞模様がくっきりと現れる人もいる。出現する部位や範囲、濃さなどに個人差はあるものの、5割以上の妊婦に見られる。産後も妊娠線が消えず、「水着が着られない」「夫に見られるのが苦痛で夫婦生活に支障が出た」などの問題を抱える女性も。マイナートラブルとはいえ、妊娠線は産後のQOL(生活の質)に少なからず影響を及ぼすと考えられる。

   妊娠線ができやすいのは、急激に体重が増えた人に多い。また、これまでの研究で、経産婦、年齢が若い、妊娠前の体重が多い、赤ちゃんの出生体重が多い、家族に妊娠線ができた人がいることなどがリスク要因として報告されている。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット