文字サイズ
標準
大きく

炭酸飲料、お酢で歯が溶ける!? 酸蝕症とはどんな疾患なのか

   「炭酸飲料で骨が溶ける」といえば単なる都市伝説だが、歯に限ると、笑い話ではないかもしれない。

   炭酸飲料やお酢、柑橘類の果汁といった身近な酸性の飲食物や、逆流性食道炎による胃液の逆流など、酸性のものに晒された歯が徐々に溶かされ、もろくなる「酸蝕症(酸蝕歯)」という口内トラブルが増えつつあるというのだ。

虫歯とは異なる歯のトラブル

「炭酸飲料で歯が溶ける」はガセ、と思いきや
「炭酸飲料で歯が溶ける」はガセ、と思いきや

   酸で歯が溶ける、といえば虫歯(う蝕)と同じように思えるが、両者は異なる疾患だ。 虫歯は、口腔常在菌のうちミュータンス菌など一部の菌が、食品の糖質から酸を作り、この酸によって歯の周囲が酸性になり、歯が溶けてしまう疾患だ。

   菌によって口内のpH(水素イオンの濃度を表す単位。pH7が中性、小さくなれば酸性、大きくなればアルカリ性)が5.5~5.7以下になると、歯の表面のエナメル質が溶かされる「脱灰」という現象が起きる。通常は唾液の働きで口内は中和され、溶かされた歯も補修される「再石灰化」が進むが、中和される前に繰り返し飲食をしたり、唾液の分泌が少なくなる就寝時前に飲食をしてすぐ寝たりすると、脱灰が進んで穴が開き、虫歯となる。

   これに対し、「酸蝕」は菌が作りだす酸ではなく、口外や体内から入ってくる酸によって歯が溶ける疾患だ。かつてはメッキ工場やガラス工場で酸性ガスの吸引することで起きる職業病だと考えられていたが、2015年2月15日に東京医科歯科大学の北迫勇一助教授が日本補綴歯科学会誌で発表した調査によると、成人1108人のうち4人に1人にあたる26.1%が酸蝕症だったという。

   特殊な疾患とされていた酸蝕症が増加しつつある原因が、酸性の飲食物や特定の疾患の増加だ。

   2014年に東京医科歯科大学がおこなった調査では、缶ビールや野菜ジュース、ヨーグルトドリンク、栄養ドリンクといった市販飲料 120 種のうち、73%でエナメル質が溶け出す限界であるpH5.5~5.7を下回る値を示し、ドレッシングなどの調味料にも酸性のものが多く見られたと報告されている。

   また、逆流性食道炎のような嘔吐をともなう疾患も酸蝕症の原因となる。嘔吐で口内に逆流する胃液のpH 値は、1.0~2.0(空腹時)と強酸性であるためだ。日本消化器病学会の「胃食道逆流症(GERD)ガイドブック」によると、1990年以降、逆流性食道炎の患者数は急増しているとされており、酸蝕症増加の一因になっていると考えられる。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット