文字サイズ
標準
大きく

歯から始めるエイジングケア(上) 「歯周病」ってどんな病気?

痛くないからと放置していると...
痛くないからと放置していると...

   日本人のおよそ7割が罹患していると言われる歯周病。進行すると口の中だけでなく、ほかの臓器にも影響を与え、さまざまな病気の原因になったり、病気を悪化させたりすることがわかっています。

   歯周病ってどんな病気? 全身の健康との関係は? 歯から始めるアンチエイジング法を紹介します。

気づかぬうちに進行する歯周病

   歯周病について知る前に、まずは以下のチェックリストで思い当たることがないか、確認しましょう。下にいくほど重症化している可能性があります。

・歯を磨くと血が出ることがある
・歯ぐきが少しはれて血や膿が出るが、痛くない
・口の中がいつもねばついた感じがする
・口臭がある
・歯と歯の間にものがはさまりやすい
・歯ぐきがやせて、歯が長くなったように見える
・さわるとグラグラする

   一つでも当てはまる人は、歯周病の可能性があります。いずれも「歯医者に行くほどでもない」と見過ごされがちですが、自覚症状がないのが落とし穴。歯周病は気づかぬうちに進行し、歯だけでなく全身を蝕んでいくことさえあるのです。

   歯周病とは、歯肉やセメント質、歯根膜、歯槽骨といった歯の周囲の組織(歯周組織)が破壊される病気です。直接的な原因は、歯の表面に付着した「プラーク(歯垢)」で、数百種類もの細菌が含まれていると考えられています。

   プラークを放っておくと歯肉が腫れ、ブヨブヨとして弾力が失われます。この状態を「歯肉炎」といいます。進行すると歯肉だけでなく、歯と歯槽骨とをつなぐ歯根膜やセメント層までダメージを受け、歯周ポケットができ「歯周炎」になります。さらに炎症が進むと歯槽骨が溶け始め、歯肉の腫れや出血がひどくなり、歯がぐらぐらしてきます。重度になると歯槽骨が溶けて歯の根がむき出しになり、最悪の場合は歯が抜けてしまうことも。こうなると食事や会話に支障が出るだけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット