文字サイズ
標準
大きく

歯から始めるエイジングケア(上) 「歯周病」ってどんな病気?

痛くないからと放置していると...
痛くないからと放置していると...

   日本人のおよそ7割が罹患していると言われる歯周病。進行すると口の中だけでなく、ほかの臓器にも影響を与え、さまざまな病気の原因になったり、病気を悪化させたりすることがわかっています。

   歯周病ってどんな病気? 全身の健康との関係は? 歯から始めるアンチエイジング法を紹介します。

気づかぬうちに進行する歯周病

   歯周病について知る前に、まずは以下のチェックリストで思い当たることがないか、確認しましょう。下にいくほど重症化している可能性があります。

・歯を磨くと血が出ることがある
・歯ぐきが少しはれて血や膿が出るが、痛くない
・口の中がいつもねばついた感じがする
・口臭がある
・歯と歯の間にものがはさまりやすい
・歯ぐきがやせて、歯が長くなったように見える
・さわるとグラグラする

   一つでも当てはまる人は、歯周病の可能性があります。いずれも「歯医者に行くほどでもない」と見過ごされがちですが、自覚症状がないのが落とし穴。歯周病は気づかぬうちに進行し、歯だけでなく全身を蝕んでいくことさえあるのです。

   歯周病とは、歯肉やセメント質、歯根膜、歯槽骨といった歯の周囲の組織(歯周組織)が破壊される病気です。直接的な原因は、歯の表面に付着した「プラーク(歯垢)」で、数百種類もの細菌が含まれていると考えられています。

   プラークを放っておくと歯肉が腫れ、ブヨブヨとして弾力が失われます。この状態を「歯肉炎」といいます。進行すると歯肉だけでなく、歯と歯槽骨とをつなぐ歯根膜やセメント層までダメージを受け、歯周ポケットができ「歯周炎」になります。さらに炎症が進むと歯槽骨が溶け始め、歯肉の腫れや出血がひどくなり、歯がぐらぐらしてきます。重度になると歯槽骨が溶けて歯の根がむき出しになり、最悪の場合は歯が抜けてしまうことも。こうなると食事や会話に支障が出るだけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

心臓病や早産リスクとの関連も

   プラークは歯周病の直接的な原因となりますが、それ自体が骨を溶かすわけではありません。歯周病は、プラークに含まれる病原菌と、体を守る細胞とが戦った結果、進行する病気です。つまり、私たちの体に備わっている生体防御反応が引き起こすのです。

   この生体防御反応が起きた時に、炎症に反応して放出された物質が血流に乗ってほかの臓器に悪影響を及ぼすことがあります。また、歯周ポケットの内側には無数の傷があり、そこから病原菌が体内に侵入し、血液に乗って体中を巡り、あちらこちらで悪さをするのです。

   歯周病が関係しているとされる病気には、心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの心血管疾患や、糖尿病、リウマチなどがあります。高齢者の場合は、誤嚥性肺炎や細菌性肺炎のリスクが高まります。また、妊婦が重度の歯周病を患っている場合、早産や低体重児出産のリスクが高まることも報告されています。

   歯周病の初期である歯肉炎の段階でしっかりとケアをすれば、症状はおさまります。また、歯周炎になっても軽度であれば、治療によって進行を防ぐことができますが、重度になると治療そのものが難しくなる場合もあります。なるべく早い段階でのケアや治療が必要です。

   また、歯周病の原因にはプラークに含まれる細菌のほかに、遺伝的な要因と、喫煙やストレス、不規則な生活などの環境的な要因が間接的にかかわっています。歯周病は細菌による感染症であるとともに、生活習慣病でもあるのです。日ごろの口腔ケアはもちろん、生活習慣の見直しも大切です。

   次回は、歯周病の治療法とセルフケアの基本について説明します。[監修:和泉雄一 東京医科歯科大学教授・歯周病学]

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事