文字サイズ
標準
大きく

ビートたけしさんや桐島洋子さんが語った 元気に生涯現役で過ごすためのコツとは

   「NIPPONを元気にする!2015」(主催:日本抗加齢協会、共催:アンチエイジングネットワーク、アンチエイジング医師団支援機構)のイベントが11月14日に東京・日本橋であった。会場では、元気に活躍し、多くの人に活力を与えてくれる著名人を表彰した。

桐島さん「世の中がどうなっていくのか見届けたい」

「NIPPONを元気にする!2015」ファミリー賞受賞の桐島洋子
「NIPPONを元気にする!2015」ファミリー賞受賞の桐島洋子

   ファミリー賞に選ばれたのは、作家の桐島洋子さん(78)。「人生最終章にさしかかり、いかに身軽になるかという断捨離の時期」と言いながらも、自宅を開放して勉強会をしたり、友人と一緒にシェアハウスを借りて暮らしたりと、シニアになっても活動的な日々だという。

   健康のために気を使っていることは、「何でも好きなものを食べ、よく歩くこと」。 会場では、子ども3人に孫7人のプライベート写真をスライドで見せながら、シングルマザーとして子育てをしてきた過去を振り返った。

   「子どもや孫たちにどんな姿を見せたいか」と司会者から聞かれると、「楽しく年をとり、普通に生きている姿を見せるのがいい」とにこやかに答えた。「私は、好奇心旺盛だから長生きしたい。世の中がどうなっていくのか見届けたい」。まだまだ現役な力強い笑顔で受賞を喜んだ。

   すてきに年を重ね、いつまでも現役で輝いている著名人に贈られる「アンチエイジング大賞」の授賞式も行われた。

「第9回アンチエイジング大賞2015」授賞式。ビートたけし(中央)、ガダルカナル・タカ(左)、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク理事長 塩谷信幸(右)
「第9回アンチエイジング大賞2015」授賞式。ビートたけし(中央)、ガダルカナル・タカ(左)、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク理事長 塩谷信幸(右)

   ビートたけしさん(68)が大賞を受賞し、「芸能界で働いて四十数年、今まで色々なことがありましたが、エンタテイメントの世界で未だに先の方を歩かせていただいているのは、自分の努力というよりも、ファンの皆さんのおかげ」と真面目にコメント。その一方で司会者から、「たけしさんにとってのアンチエイジングは?」と聞かれると、「友だち、家族、社会に反抗し家庭を省みないこと」と即答し、会場を笑わせた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット