文字サイズ
標準
大きく

「機能性表示食品」がどんどん広がってきた スタートして半年、売上げ5倍のサプリも

   企業の責任において、科学的根拠にもとづいた食品の機能性を表示できる「機能性表示食品制度」。開始から半年を経て見えてきた課題や可能性について、「アンチエイジングの日」のイベントで取材した。

商品パッケージに効能を明記できる

売り上げが前年比5倍に伸びたという、ファンケルの「えんきん」
売り上げが前年比5倍に伸びたという、ファンケルの「えんきん」

   日本抗加齢協会が主催するイベント「NIPPONを元気にする!2015」が11月14日、東京・日本橋で開催された。「いい(11)とし(14)」にかけて「アンチエイジングの日」に設定されたこの日、同協会では毎年イベントなどを通してアンチエイジングに対する正しい理解を広めている。

   今年のメインテーマは「機能性表示食品」。講演で食品の持つ機能性や企業の取り組みが紹介されたほか、パネルディスカッションでは加藤勝信・一億総活躍担当大臣、板東久美子・消費者庁長官を交え、制度の現状や課題、今後の展望について話し合われた。

   日本抗加齢協会の吉川敏一理事長(京都府立医科大学学長)は「健康の基本は食事。機能性表示が認められたことで、消費者は自分に必要な栄養成分を摂りやすくなった」と述べ、「病気は『治す』より『予防する』時代。自分の体や栄養成分についてよく勉強し、必要な機能性表示食品を見極めてほしい」と呼びかけた。

   企業セミナーでは、業界でいち早く機能性表示食品を発売したファンケルと森下仁丹の担当者が登壇し、それぞれ今回の制度によって可能になったことや、これまでとの違いを発表した。両社とも、新制度によって食品の具体的な機能や、体のどの部位に関係しているのかという情報をパッケージに明記できるようになり、訴求力が増したという。

   たとえば、ファンケルのサプリメント「えんきん」。従来のパッケージには「5つの成分でくっきりした毎日を」「ルテイン&ブルーベリー」と表示されていた。「くっきり」という表現と、一般に「目にいい」と言われている食品や成分名から「目の健康にいいらしい」と想像はできるが、「どういいのか」までは伝わらなかった。機能性表示食品としてリニュアルし、パッケージの表示を「手元のピント調節力に」「中高年の目の健康に」と改めたところ、売り上げが前年比5倍に伸びたという。同社の宮島和美社長はその理由を「成分の効果や、どのような人に向けた商品なのかが明確になったため」と見ている。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット