文字サイズ
標準
大きく

【特集】腸内フローラ(上)オランダ、カナダ、日本、米国、デンマーク...世界中で研究ブーム 血管や免疫にも影響

   健康に関心がある人ならよく耳にするキーワードの1つが「腸内環境」「腸内細菌」だろう。腸内の環境や最近は、お腹の調子だけでなく、血圧や免疫機能、アレルギー、糖尿病、精神疾患まで関係しているとする研究も存在する。

健康な体は健康な腸から
健康な体は健康な腸から

   そんな腸内細菌が、心血管の健康にも関係している可能性を示唆する研究が、米国心臓学会誌「Circulation Research」オンライン版で2015年9月10日に発表された。

100兆個1.5キロ存在する腸内細菌

   人間の体には、腸に限らず皮膚などにも多くの細菌が存在しており、好気性(酸素のある所で生育する)か嫌気性(酸素のない所で生育する)かによって、生息する場所が異なる。例えば同じ肌でも、皮膚表面には好気性細菌が、皮脂腺の奥には嫌気性細菌がいる。

   腸内というと嫌気性のように思えるが、その環境は小腸と大腸で異なる。

   こうした誰の腸内にも存在し、感染症の原因とならない常在細菌を「腸内細菌」と呼び、細菌以外の菌類や酵母なども含んでいる。細菌というと有害な存在だと思われがちだが、人間が栄養吸収できるのも、食べたものを分解してくれる腸内細菌がいるためだ。

   1人の腸内には1000種類以上、100兆個の腸内細菌が存在しているといわれ、その総重量は約1.5キログラムとする説もある。どれほど膨大な数が腸にいるかが想像できるだろう。

   研究では、オランダ、フローニンゲン大学医療センターの研究者らが、同大がおこなっているオランダ在住の18~80歳、16万5000人を30年間追跡し、遺伝子情報と疾患の関係を調査している大規模研究「LifeLines」から、893人の糞便試料データを抽出。「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と心血管疾患のリスクとなる血中脂質の関係を分析するというもの。

   腸内細菌叢(腸内フローラとも)もよく聞く言葉だが、細菌は生物なので、腸の中で一定のバランスが保たれた生態系を築いている。この生態系を腸内細菌叢という。

   分析の結果、34種類の細菌がBMI(体重を身長の2乗で割って算出する肥満度)、血中HDL(善玉)コレステロール、中性脂肪の数値に関係しており、それぞれの数値の決定に4.6%、6%、4%程度の影響があると推算された。LDL(悪玉)コレステロールや総コレステロール値には関係していなかった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット