文字サイズ
標準
大きく

歯は大切に!

歯は大切に!
歯は大切に!

   3月にひびが入ってから騙し騙し治療を続けてきた歯が、ついに寿命が来て今日抜歯される破目になった。

   ショックである。

   たかがは一本と思うなかれ。その奥の歯がブリッジに使われているので、ブリッジは掛けにくい。さあどうするかは年明けに考えることになったが、日頃手入れを怠っていたことが悔やまれる。

   僕が育つ頃は歯磨きは今ほどうるさく言われなかった。いや、僕が無精だっただけかもしれない。

   そのくせ、アンチエイジングの3割はデンタルケアが占めるなどと人には説いている。

   やはり自前の歯に勝るものは無い。80歳でも自分の歯を20本キープしようと言う「80/20」運動が功を奏し、最近では高齢者でも自前の歯を維持している方が増えてきたのは喜ばしい。咀嚼することは消化吸収を助けるだけでなく、顎の筋肉を使うことで脳の活性化に繋がるからだ。

as_20151130110533.png

   106歳で身罷った親父は死ぬまで自分の歯で噛んでいた。

   100歳の誕生日の際、ホテルオークラでお祝いをした処、「玄米菜食」の筈の親父がステーキにすると言う。それも「オマエたちが奨めるから食べてやる」と可愛げ無いことを言って。

   "ヒレになさいますか?"とのマネージャーの問いかけに、

   "いや、サーロインに決まっとるじゃないか"と宣う。

   食べ終わってまたマネージャーが聞く。

   "如何でした?"

   "味はいいが歯ごたえが無かった"と言うご挨拶。特上の柔らかい肉がお気にまさなかったようだ。

   今頃はあの世で何を喰ってるだろう? 歯はまだ自前と信ずるが...

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット