文字サイズ
標準
大きく

「動物に触っちゃダメ」は間違いかも? 0歳から触れているとその後のぜんそくリスクが低下

犬は心の癒しだけでなく子どもの喘息も防いでくれるかも
犬は心の癒しだけでなく子どもの喘息も防いでくれるかも

   スウェーデンのウプサラ大学、カロリンスカ研究所の共同研究チームは、0歳のころから動物に接触していた子どもは、そうでない子どもよりも3~6歳時のぜんそく発症リスクが低下すると発表した。

   研究では、スウェーデンで2001~2010年の間に生まれたすべての子どもを、2012年まで追跡し、動物との接触とぜんそくリスクとの関連を分析したデータから、65万2936人分を抽出。接触した時期や動物の種類、ぜんそく薬の使用、診断の有無を調査した。

   その結果、0歳時に犬に身近に触れていた子どもは、3歳時の喘息ぜんそくリスクが、触れていなかった子どもよりも10%、6歳時で13%低下していた。また家畜(農場で飼育されている動物全般)に触れていた子どもの場合、そうでない子どもに比べ3~6歳時の発症リスクが31%低下していたという。

   ただし、どちらの場合も3歳未満での発症リスクには変化はなかった。研究者らは子どもが動物に対するアレルギーを持っている場合は注意が必要としているものの、「生まれてすぐに動物に触れるのは、子どもの健康のために悪いことではない」とコメントしている。

   発表は米国医師会の小児科学専門誌「JAMA Pediatrics」オンライン版に、2015年11月2日掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考文献
Early Exposure to Dogs and Farm Animals and the Risk of Childhood Asthma.
DOI: 10.1001/jamapediatrics.2015.3219. PMID: 26523822

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット