文字サイズ
標準
大きく

収縮期血圧120以下でより健康に? 日本の専門団体は「現段階では推奨せず」

低ければ低いほどよい、というものでもない
低ければ低いほどよい、というものでもない

   米国立衛生研究所(NIH)が2015年11月9日に、総合医学雑誌「New England Journal of Medicine」で発表した、「収縮期血圧120未満の人は、140未満の人よりも心疾患や死亡率が低下した」とする研究結果について、日本高血圧学会臨床研究適正評価教育機構など複数の専門団体が、「信頼性は高いものの、一律に誰もが120を目指すべきではない」とする見解を表明している。

   NIHは、2009年から50歳以上の高血圧患者である米国人9361人を対象に、健康状態を追跡調査する「SPRINT(Systolic Blood Pressure Intervention Trial)」という研究を実施していた。

   研究の結果、収縮期血圧が120未満の人は、140未満の人よりも心筋梗塞、その他の急性冠症候群、脳卒中、心不全、心血管死の発症や死亡率が低下したとされる。

   これを受けて、日本でも一部で、収縮期血圧120未満を推奨すべきとする声が出たが、日本高血圧学会や臨床研究適正評価教育機構は、「研究対象が心疾患になりやすい人のみ」「120未満の人に急性腎障害、急性腎不全などの重篤な副作用が起きている」「米国人を対象にした結果」といった点を踏まえ、より低い血圧値を目指すことを推奨はするものの、「年齢や既往歴によって最適な血圧は異なり、誰もが120未満を目指すと危険な場合もある」と注意を促している。

   日本高血圧学会では、「高血圧治療ガイドライン2014」の中で「収縮期140以上または拡張期が90以上」を「高血圧」とし、「収縮期120未満、拡張期80未満」を正常血圧以上に健康的であるとしているものの、必ずしも120未満になる必要があるかは断定できないとしてきた。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考文献
A Randomized Trial of Intensive versus Standard Blood-Pressure Control.
DOI: 10.1056/NEJMoa1511939. PMID: 2655127

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット