文字サイズ
標準
大きく

50歳を過ぎたら要注意 放っておくと失明する加齢黄斑変性をチェック

   iPS細胞を使った世界初の移植手術が2014年9月に行われ、注目を集めた「加齢黄斑変性」。手術を実施した理化学研究所などのグループは2015年10月2日の会見で、1年後の経過は良好で、患者の視力の悪化が抑えられていると報告した。

   放っておくと失明することもある「加齢黄斑変性」とはどんな病気なのか。その最新の治療法は?

日本人に多い「滲出型」は急速に視力低下

「アムスラーチャート」ゆがんでいたり、欠けて見えたりしたら要注意。片目ずつチェックしてみよう
「アムスラーチャート」ゆがんでいたり、欠けて見えたりしたら要注意。片目ずつチェックしてみよう

   加齢黄斑変性とは、目の網膜の中心部にある「黄斑」と呼ばれる部位の機能が低下し、視野の中心部のゆがみや黒ずみ、視力の低下を引き起こす目の病気だ。進行すると失明の危険もある。焦点を合わせた部分が欠けたりゆがんだりするので「見たいものが見えない」状態に陥る。

   加齢黄斑変性には網膜のすぐ下にできた新しい血管(新生血管)が黄斑を障害する「滲出(しんしゅつ)型」と、黄斑の組織が加齢とともに萎縮する「萎縮型」の2種類があり、日本人患者の9割は滲出型だ。網膜にできた新生血管は非常にもろく、水分や血液がしみ出しやすい。これらの液体は黄斑の組織にダメージを与えて視覚障害を引き起こす。萎縮型と比べて病状の進行が早く、急激な視力低下を招くため、早期の検査と治療が必要だ。

   長い間、加齢黄斑変性には有効な治療法がなかったが、光に反応する薬剤を使って病変部にレーザーを照射することで新生血管を閉塞させる「光線力学的療法」に続き、数年前から新生血管を成長させるVEGFという物質の働きを抑える薬剤を目に注射する「抗VEGF治療法」が開発され、早期発見で病状の進行や視力の低下を抑えることができるようになった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット