文字サイズ
標準
大きく

病院に行くヒマがない人へ 「遠隔診療」、試してみませんか

   インターネットにアクセスすれば、自宅で医師の診断が受けられる遠隔診療。「未来の医療」はすでに始まっている。

診察も薬もネットで「お取り寄せ」

遠隔診療サービスが続々登場(写真はポートメディカルのホームページ画面)
遠隔診療サービスが続々登場(写真はポートメディカルのホームページ画面)

   遠隔診療はこれまで、離島やへき地などに住んでいて通院が困難な場合や、糖尿病や高血圧、がんなどで在宅療養をしている患者への「テレビ電話等の通信手段を通じた継続的助言・指導」以外は原則禁止と捉えられていた。しかし、今年8月、厚生労働省が出した「通達」によって、遠隔診療の適用範囲が広がった。

   通達ではこれまで通り「対面診療が基本」で、「遠隔診療は、直接の対面診療を補完するもの」としながらも、「離島やへき地」「在宅患者」はあくまで例示であり、誰でも対象になりうること、また、対面診療を事前に行うことが前提条件ではないことなどを示した。

   スマートフォンやウェアラブル端末などが急速に普及し、通信環境が整ったこともあり、遠隔診療への期待は高まっている。

   厚労省の通達を受けて、PCやスマートフォンを活用した遠隔診療サービスが続々登場。すでにサービスを開始しているものもある。

   たとえば、11月にサービスを開始した「ポートメディカル」は、インターネットを通じて医師の診断から薬の処方、配送まで行っている。診断項目は高血圧症、高脂血症をはじめ、「タバコをやめたい」「やせたい」などの相談にも応じる。クレジットカードでオンライン決済でき、薬は自宅まで届けてくれるので、待ち時間も交通費もいらない。診察料とサービス料は800円、医薬品料と配送料は1610円~と、お手頃だ。医学監修を務めるお茶の水内科の五十嵐健祐院長はポートメディカルのサイトで「インターネットで早期発見でき、解消できる症状は実はたくさんある」とし、治療だけでなく予防の観点からも、遠隔診療の可能性を示唆している。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット