文字サイズ
標準
大きく

干しひじき、ステンレス鍋で鉄分量が大幅減 食品標準成分表、15年ぶり改訂

ひじきの鉄分がまさかの鍋由来
ひじきの鉄分がまさかの鍋由来

   文部科学省は2015年12月25日、15年ぶりに大幅改訂された「日本食品標準成分表」を発表した。

   日本食品標準成分表は文科省の科学技術・学術審議会資源調査分科会が調査し、公表している日常的な食品成分の公的なデータ。食品の可食部100グラム当たりの栄養素やカロリー、コレステロール値といった成分量が記載されており、病院食や学校給食などの栄養素を計算するうえで、重要な資料とされる。

   今回の改訂では、掲載食品数がこれまでの1878食品から2191食品へ増加。伝統的な食文化を象徴する食品として「刺身」や「天ぷら」、健康志向を反映した「発芽玄米」、「亜麻仁油」、子どもの食品アレルギーに配慮した「米粉パン」「米粉麺」などが追加された。

   また、個別の成分表として作成してきた「アミノ酸成分表」「脂肪酸成分表」に加え、新たに「炭水化物成分表」も作成され、炭水化物を含む854食品のでんぷんや糖質の量が記載される。

   意外な変更点では、鉄分が豊富とされ、貧血防止にもすすめられてきた「干しひじき」の鉄分含有量が、鉄鍋で製造した場合は100グラム当たり58.2ミリグラムと従来通りだったのに対し、ステンレス鍋では6.2ミリグラムまで減少したことを受け、製法別に成分量を明記するようにしたという。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット