文字サイズ
標準
大きく

オクラの抗疲労効果、秘密は種の部分にあり マウス実験で効果確認

   食用に適した状態(若い緑色の状態)のオクラの種には、フラボノイドが豊富に含まれており、高い抗疲労効果を持つと、北京協和医学院の夏方博氏らの研究チームが発表した。

激しい運動の前にオクラを山盛り食べれば...?
激しい運動の前にオクラを山盛り食べれば...?

   これまでの研究でオクラに抗疲労効果があることは確認されていたが、どの部位のどのような成分が作用しているのか不明だった。

   夏方博氏らは、まずオクラを皮(表面の緑色の部分)、種(中の白い種)、鞘(中の白い筋状の部分)にわけ、それぞれの含有成分量を分析した。

   その結果、オクラに含まれるポリフェノールの約43%が種に含まれていた。また、強い抗炎症、抗酸化作用を持つ「クェルセチン(クエルセチン、ケルセチンとも)」というフラボノイドは、種にしか含まれていなかったという。

   さらに、皮、種、鞘を含んだ餌を、それぞれ6匹ずつのグループに21日間与え、重りをつけた状態で水槽を泳がせるという実験も実施したところ、種を食べたグループが平均70分以上泳ぎ続けたのに対し、鞘のグループは平均57分、皮のグループは平均46分だった。

   発表はMDPI社のオープンアクセスの論文誌「Nutrients」に、2015年10月26日掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Antioxidant and Anti-Fatigue Constituents of Okra.
DOI: 10.3390/nu7105435. PMID: 26516905

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット